HOME > 注文方法を理解しよう

注文方法を理解しよう

FXでは色々な注文方法があります。 この注文方法を覚えておくことも取引を上手にするためには必要なことです。

まずは成行注文というのがありますが、スキャルピングをする多くの人はこの注文方法を使うのではないでしょうか。 成行とは現在の値段で、そのままロングポジションやショートポジションを持つということになります。

現在のレートでのポジションを持つということなります。 成行注文を上手に使って利益を得ることができる人は直感的な取引に優れている人が多いかもしれませんね。

次に指値注文。指値注文は、現在のレートでは無いですがある一定のレートに到達したらその 値段で買うということになります。指値注文は必ずその注文した値でポジションを持つことができる注文方法になります。

指値注文とは反対に、逆指値注文というのがあります。この注文方法はある一定のレートまで 逆に上がったり下がったりしたら注文するという注文方法になり、指値注文とは違ってスリッページが発生することがあり、 注文した値段とはずれたレートのポジションを持つ、もしくは決済することになります。 思わぬ値動きがあった場合は、とんでもない値段で注文されたりもします。

指値注文、逆指値注文で取引をする人は良く考えて取引をする人が多いかもしれません。 この3つが基本の注文方法になりますので、FXで取引をする際にはしっかりと覚えておきたい注文方法になります。