HOME > 逆張りを有効に使おう

逆張りを有効に使おう

順張り投資は相場のトレンドに乗ってトレードができるため、 ストレスが少なく取引ができるのでオススメですが、 一般的なテクニカル指標で順張りトレードをした場合には、 トレンドが終息している可能性も多くありますので順張りは勝率が低いといわれています。

しかし、逆張りは勝率が高くなると思われますが、 その逆張りをするタイミングを見計らうのが非常に難しくなっていますので、 損失が大きくなってしまう可能性が高いです。

順張りですと逆方向に行ってしまった場合でも、 逆方向のトレンドが始りたてということになりますので損失が少なくなります。 順張りのいいところは、トレンドの終息をつかんでしまう可能性が高いので勝率は低くなりますが、 損失が少なくなってくるということです。

順張りでトレンドがまだまだ続いていく場合は利益が増えていくということになりますので、 損小利大のトレード方法とも言えるでしょう。 逆張りが良いか順張りが良いかはあなたの投資スタイルによって決めましょう。

では逆張りを有効利用して利益を得るにはどうすればよいのか!一例を。 逆張りを狙っていくにはボリンジャーバンドやMACDなどといったオシレーター系の テクニカル分析を使って取引をしていくといいでしょう。

ボリンジャーバンドやMACDの傾きは、あくまでもトレンドに乗った後から変化するものでありますので 絶妙な押し目や戻り売りのポイントでみるとテクニカルに逆らっているように見えてきます。 トレンドが進むにつれてボリンジャーバンドやMACDの傾きが変わっていきますので 順張りになっていくように見えますが、あくまでも取引ポイントでは逆張りになっていきます。

逆張りのポイントとしては押し目や戻り売りの天井をとらえようとしての取引が良いです。 押し目、戻り売りを狙っていくことで大きな利益を得ることができます。 ただ、FXでの逆張りは必ずしもうまくいくことばかりではありません。 失敗することの方が多いかと思います。

中長期の押し目や戻り売りを絶妙なタイミングで狙っていくことで、 逆張りを成功させていきましょう。逆張りを狙うタイミングとしては直近の安値を更新した時や、 高値を更新した時で、ポジションを持っていた人が決裁する様なタイミングを狙っていきましょう。

トレンドとは違う方向に反発しやすいタイミングを狙っての逆張りをしていくことで、 逆張りの勝率を上げていきましょう。それぞれの為替の重要なポイントはどこかをしっかりと 見極めて取引をして行くことが大切です。