HOME > FX初心者には順張りトレードから

FX初心者には順張りトレードから

FXの取引手法では順張り・逆張りといわれる2種類の方法があります。

順張りとはトレンドの向う方についていく手法で、
トレンドが上昇していれば買い、
トレンドが下降していれば売るというシンプルな手法です。

逆張りはこのトレンドに逆らう手法で、
トレンドが上昇してたら売り、
トレンドが下降してたら買うという手法です。

FX取引の基本は順張りで取引をした方が利益を得やすのではないでしょうか。

この理由には、逆張りトレードをする際には、そろそろ上がりそうだなとか、 そろそろ下がりそうだなといったときに逆方向の注文を入れるのですが、 このそろそろあがりそうだなというポイントが難しく、 うまく行くときもあるとは思いますが、 たいてい読みが外れて順張りをしていたほうが良いなんてことが多くあります。

FXでは、瞬間的なトレンドよりも大局的なトレンドの方が強いですので、 瞬間的なトレンドでの逆張りをしてしまった場合は、 大局的なトレンドに飲まれてしまうということがほとんどです。

順張りで取引をすると利益が少なくなると言われていますが、 大局的なトレンドで順張りをした場合は利益が少なくなるということは無く、 トレンドに乗り続けるだけで大きく利益を得ることができます。

順張りでも逆張りでも難しいのはやはりエントリーするタイミングです。 では順張りのエントリーポイントはどこになるのかと言いますと、
前回の高値を抜いたところで買い。
前回の安値を抜いたところで売り。
これが基本です。

またFX初心者の方でしたら、買いでしたら買い、売りでしたら売り、 どちらかに集中してエントリーしたほうが尚、良いかと思います。 売りでも買いでも両方取ってやろう!なんて思うと、どうしても欲深くなるのはもちろんの事、 さらに様々な情報を確認しなくてはなりません。であれば、取引回数は少なくなっても、 どちらか一方に集中して確実にトレードすること、(エントリー・利益確定を繰り返す) を優先して取引した方が勝ち癖をつける事にもなり損失も小さくなる事にもなります。

ただし、注意しなければならないのが高値掴みの底値売り!
高値を抜いて買いエントリーしたはいいが、そこから急降下、
安値を抜いて売りエントリーしたはいいが、そこから急上昇、
なんてことは頻繁に起こります。
ですのでエントリーの際には必ずストップロス(損きり)の設定を怠らないこと、 これにつきます。 ストップロスをおかないと以前、載せましたまさに塩漬け状態になりかねません。

FXの基本は順張りでローリスクハイリターンな取引を目指しましょう。